生活保護受給者の方が市区町村の葬祭扶助を受けて火葬を行います 福祉葬

生活保護受給者の方が市区町村の葬祭扶助を受けて火葬を行うプランです。
葬祭扶助を利用する場合には、施主様は自己負担無しで火葬を行うことができます。
福祉葬の場合、「お迎え→ご安置→納棺→火葬→収骨」という流れで執り行います。
一般的なお葬儀や宗教者の読経などの内容や費用は含まれておりませんのでご注意ください。
※一般的に福祉葬の対象は生活保護を受給されている方に限られます。
※葬祭扶助を受けるためには市区町村担当者の確認が必要ですので、ご相談下さい。

お急ぎの方

0120-556-586 24時間・365日・夜間対応

私たち相談員が賜ります


  • お葬式コンシェルジュ
    さいとう


  • お葬式コンシェルジュ
    ふじた

  • お葬式コンシェルジュ
    仏事コーディネーター
    こぐち

事前ご相談・資料請求はこちら

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 葬式の費用を最小限に抑えたい
  • 身内だけでひっそりと葬儀をあげたい
  • 自宅で葬儀をしたい
  • ご利用者の声

  • よくある質問

よくある質問 FAQ

  • Q お墓の準備を考えています。石材店や霊園を紹介してもらえますか?

    弊社では、石材店や樹木葬、永代供養墓をご紹介させて頂きます。
    下記のようなご相談が多いです。
    ・お墓を建てたいが、信頼できる石材店が分からない。
    ・跡継ぎがいないので、夫婦で入れるお墓を用意したい。
    ・樹木葬ってよく聞くけどどのようなお墓なの?
    お困りのことがございましたらご相談ください。

  • Q 四十九日法要はどのように準備すればよいでしょうか?

    お葬儀が終わったばかりで大変かと思いますが、お寺様や宮司様と日程の決定をする必要がございますので、ご連絡を取っていただき日程の決定を優先して行って頂ければと思います。その日程にあわせて準備しなければいけないものをアドバイスさせて頂きます。

  • Q お仏壇はいつまでに用意すれば良いでしょうか?

    一般的には、四十九日の法要を目途にご準備される方が多いです。
    弊社では、仏事コーディネーターがお客様のご要望や置く場所をお聞きしたうえで、購入のサポートをさせて頂いております。古いお仏壇からの買い替えや処分などのお手伝いもさせていただいております。

  • Q お位牌を準備したいのですが、どうすればよいでしょうか?

    お位牌は四十九日の法要で必要になりますので、なるべく早くお手配されることをおすすめしております。注文時お葬式の時にご用意した白木位牌が必要になりますのでご持参頂ければスムーズに作成できます。また、ご先祖様のお位牌がある場合には、ご先祖様のお位牌にあわせて用意される方が多いです。

葬儀のこと、まずはお気軽にお問い合わせください。

24時間365日、いつでも対応いたします。

0120-556-586

葬儀のこと、
まずはお気軽に
お問い合わせください。

相談
無料