お葬式で供花や供物を飾る意味について

基礎知識

2021.11.11 お葬式で供花や供物を飾る意味について

oyakudachi99

宇都宮市を中心に直葬・火葬式・一日葬・家族葬など小規模なお葬式をお手伝いさせて頂いております、あんしん葬儀社です。
お葬式でのお通夜や告別式の会場で飾るお花を供花(きょうか)と言い、果物などの盛篭を供物(くもつ)と言います。
今回は、お葬式で供花や供物を飾る意味についてご説明させていただきます。最後までお読みいただければ幸いです。

「供花」と「供物」ってなに?

「供花」は、お悔やみの気持ちを込めた弔意として供えるお花のことを言います。
また「供物」は、お葬式の際に故人様への気持ちや、ご遺族様への弔意を表すために贈るお供えの品のことを言います。

仏教の基本「五供(ごくう)」について

供物の基本となっているのが、仏教の五供(ごくう)です。
具体的には、香・花・灯明・水・飲食の5つが基本のお供え物とされています。
それぞれの意味は以下のようになります。
 
「香」 ・・・お線香や抹香のことで心身を清める
「花」 ・・・供花を指し、花のように清らかな心で仏様と向き合う
「灯明」・・・ろうそくの灯りを指し、心に安らぎを与えてくれる
「水」 ・・・綺麗な水を指し、心が洗われる
「飲食」・・・普段私たちが食べているものと同じものをお供えすることで、ご先祖様との繋がりを持つ

供物の内容について

宗教によっては贈って良い物が異なるため、お葬式の際のお供物を贈る際には、注意が必要です。
例えばですが、仏式の場合には肉類や海産物を贈るということは「殺生」をイメージする為に、供物には厳禁とされています。これらは「四つ足生臭もの」と呼ばれており、足がある動物や生臭い魚などを指します。日本酒は慶事を連想させるので、お葬式の供物として向かないという考えがありますが、地域によっては、ある程度の差はあります。
 
あんしん葬儀社での供物の盛篭については、ビール・日本酒・調理酒・醤油・ふりかけ・ジャムなど、日常で使用する身近なものや調味料で作られています。
また、供花については、時期や季節によって異なりますが、主に菊をベースにして、百合や胡蝶蘭などで作られています。菊の花の意味には、「邪気払い」「無病息災」「延命長寿」などがあり、明治時代以降、お葬式に菊の花を使用するのが定着したそうですが、フランスでは祭壇に菊を飾る文化があった為に、日本でも広まったそうです。
 
また供物の定番としては、フルーツやお菓子などもありますが、フルーツはご縁を連想させる丸いものが良いとされています。数も、ご縁が切れないようにという意味で、奇数個を準備します。そして、お供え頂いたお供物は、通夜の後の通夜振舞い告別式後の精進落としと同じく、「食べることが供養」に繋がります。

いかがでしたでしょうか。
今回は、供花や盛篭を飾る意味についてご説明させていただきました。

あんしん葬儀社は、お葬式や仏事や法要についての疑問にお答えする相談サロンを完備しています。普段疑問に思っていることや、ご不安に感じていることを専門相談員がお話をお伺いしたうえで、その「不安」を「あんしん」に変えるお手伝いをさせて頂いております。
相談サロンは午前9時から午後6時まで営業しておりますが、営業時間外でもお電話をいただければ対応することが可能です。是非お気軽にご相談・お問い合わせください。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

お葬式で供花や供物を飾る意味について

代表取締役
荒井 貴大

代表取締役
荒井 貴大

お葬式の在り方や料金体系なども、時代にあわせて柔軟に対応させて頂きます。

PLAN / PRICE プランと費用

CONTACT 私たち
相談員が承ります

お急ぎの方へ

0120-290-016

お電話は、24時間365日承ります

0120-290-016 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち相談員が承ります

  • 相談員 さいとう

    さいとう
    お葬式コンシェルジュ

  • 相談員 ふじた

    ふじた
    終活カウンセラー初級
    お葬式コンシェルジュ

  • 相談員 こぐち

    こぐち
    終活カウンセラー初級
    仏事コーディネーター

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 葬式の費用を最小限に抑えたい
  • 身内だけでひっそりと葬儀をあげたい
  • 自宅で葬儀をしたい