檀家とは

基礎知識

2021.04.26 檀家とは

89

宇都宮市を中心に直葬・火葬式・一日葬・家族葬など小規模なお葬式をお手伝いさせて頂いております、あんしん葬儀社です。
今回は、檀家についてご説明させていただきます。最後までお読みいただければ幸いです。

〇檀家とは?

特定の寺院の信徒になって(=菩提寺)、お布施や会費などの経済的支援をすることで、葬式・法事を行ってもらえる家のことを指します。
檀家になるには、一般的に契約書を取り交わし入檀料を支払います。

〇檀家のメリットとデメリット

【メリット】
・寺院から、手厚い供養を受けることができる
・お彼岸やお盆などの忙しい繁忙期でも、優先的に法事・法要の対応してもらえる
・葬儀や法事など、仏事に関して事前に相談することができる
・突然の不幸の際にも慌てて寺院を探すことなく、葬儀に関する執り行いを全てお任せすることができる
・境内墓地のお墓の管理を任せることができる

【デメリット】
・入檀する際に必要な入檀料やお布施、寄付などの出費がかかる
・寺院の修繕や改修などの維持管理費が必要な時に寄付を求められる
・葬儀や法事などを他の寺院にお願いせざるを得ない場合に相談が必要
・寺院のルールに従う必要がある
・離檀する時に離檀料が必要になり、境内墓地から別のお墓に移すための改装も必要になる

○檀家としてかかる費用について

【入檀料】
入檀料は、檀家になる時の初期費用です。寺院によって金額は異なりますが、宇都宮市での相場は10万円〜30万円と言われています。

【葬儀や法要などのお布施】
こちらも寺院によって金額は異なりますので、ご心配な場合には寺院に確認すると良いでしょう。
葬儀の場合は30万円〜、法要の場合には3万円〜10万円、月命日の読経は5千円〜1万円が宇都宮市では一般的のようです。
また、戒名代はお布施とは別にかかります。
寺院によって、お車代やお膳料などが必要になる場合もあります。

【寺院や境内墓地の維持費】
寺院の運営やお墓の清掃管理のための費用です。
年間で数千円〜数万円ほどが宇都宮市の一般的な費用のようです。

○離檀について

離檀とは、檀家をやめることです。離檀すると、境内墓地から移転・撤去の改葬をする事になります。寺院のルールに従って、離檀の手続きをすることになります。
離檀の申し出をする際には、入檀した時に取り交わした契約書をよく確認しましょう。
また、今まで先祖の供養をしていただいた寺院への感謝の気持ちとして、離檀料を包みます。離檀料の相場は、こちらもまた寺院や地域性によって異なりますが、宇都宮市では、3万円〜20万円ほどとなるようです。

いかがでしたでしょうか。
今回は、檀家についてご説明させていただきました。
檀家は個人ではなく家単位であり、家と寺院とのお付き合いということになりますので、入檀するも離檀するも、ご先祖様からのお付き合いをよくお考えになったうえで決めて頂ければ良いかと思います。

あんしん葬儀社は、お葬式や仏事や法要についての疑問にお答えする相談サロンを完備しています。普段疑問に思っていることや、ご不安に感じていることを専門相談員がお話をお伺いしたうえで、その「不安」を「あんしん」に変えるお手伝いをさせて頂いております。
相談サロンは午前9時から午後6時まで営業しておりますが、営業時間外でもお電話をいただければ対応することが可能です。是非お気軽にご相談・お問い合わせください。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

檀家とは

代表取締役
荒井 貴大

代表取締役
荒井 貴大

お葬式の在り方や料金体系なども、時代にあわせて柔軟に対応させて頂きます。

PLAN / PRICE プランと費用

CONTACT 私たち
相談員が承ります

お急ぎの方へ

0120-290-016

お電話は、24時間365日承ります

0120-290-016 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち相談員が承ります

  • 相談員 さいとう

    さいとう
    お葬式コンシェルジュ

  • 相談員 ふじた

    ふじた
    終活カウンセラー初級
    お葬式コンシェルジュ

  • 相談員 こぐち

    こぐち
    終活カウンセラー初級
    仏事コーディネーター

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 葬式の費用を最小限に抑えたい
  • 身内だけでひっそりと葬儀をあげたい
  • 自宅で葬儀をしたい