喪中のお正月の過ごし方について

基礎知識

2020.12.28 喪中のお正月の過ごし方について

80

宇都宮市を中心に直葬・火葬式・一日葬・家族葬など小規模なお葬式をお手伝いさせて頂いております、あんしん葬儀社です。今回は、喪中のお正月の過ごし方について書かせて頂きます。最後までお読みいただければ幸いです。

〇喪中とは?

近親者が亡くなったとき、一定の期間、故人様の死を悼み、身を慎みます。この期間を喪中といい、故人様が亡くなられてから一周法要までの間、約1年間(最長13ヶ月)の間が喪中期間となります。
喪中期間はおめでたい行事や派手な行動は慎んで、お正月のお祝いや年始のご挨拶、神社への参拝も控えることが一般的となっています。
また、キリスト教と浄土真宗については、喪中の概念がありません。
本来、仏教には喪中の概念は無いのですが、四十九日までは神道同様に忌として、1年間は喪とすることが一般的になっています。

○喪中と忌中の違い

喪中は前述でご説明したとおりですが、喪中と似た言葉で忌中というものがあります。仏式での喪中と忌中の違いは、以下の通りです。
 喪中・・・故人様が亡くなった日から一年間
 忌中・・・故人様が亡くなった日から四十九日、五十日
四十九日法要・五十日祭を終えたら、忌明けとなります。

〇喪中・忌中期間とは?

故人様との関係の深さで、喪中・忌中期間が異なります。一般的には1親等と、2親等が喪に服する範囲と言われておりますが、3親等以上でも、故人様との関係性が深い場合には喪に服す方もいらっしゃいます。

以下の表は、明治時代に出された大政官布告『忌服令』に基づいたものです。現在は撤廃(昭和22年に廃止)されておりますので、服喪期間の目安になさってください。また、こちらの期間は決まりではないので、お付き合いの深さでお考えいただければ幸いです。

親等故人の続柄忌中期間喪中期間
1親等両親50日13か月
義両親30日150日
50日13か月
20日90日
嫡子(息子)20日90日
その他の子(娘)10日90日
養子10日30日
2親等兄弟姉妹20日90日
祖父母(父方)30日150日
祖父母(母方)30日90日
3親等おじ・おば20日90日

〇喪中期間、お正月で控えること

前述にお正月のお祝いや年始のご挨拶は控えることが一般的です、と記載いたしましたが、具体的にはどのようなことがあるのかをご説明いたします。

・年賀状
年賀状は新年を祝う挨拶状になりますので、喪に服している人が年賀状を送ることは、あまり良いことではありません。同時に、受け取ることもあまり良くないこととされています。そのため、事前に年賀欠礼(喪中はがき)を送っておくことが必要となります。
(※喪中はがきについては過去のお役立ち情報)をご覧ください。)
もし、年賀状を頂いてしまった場合には、寒中見舞いを送るようにしましょう。

・お正月飾り
門松(松飾り)やしめ縄飾り、鏡餅などの華やかなお正月飾りは控えましょう。
忌明けであれば、鏡餅を飾っても良いというお話もあるようですが、一般的には行わない方が良いでしょう。特に、喪中に家の外に正月飾りをするのは常識が無いと思われますので、外に飾ることはしないようにしましょう。

・年越しそばやおせち料理
年越しそばは、『長寿・延命を願う』や『今年一年の厄を断ち切る』といった意味があり、お祝いのお料理ではないので、喪中であっても年越しそばは食べていただいて大丈夫です。
おせち料理については、お正月のお祝いのお料理なので、喪中のときは控えましょう。鯛や海老、紅白のかまぼこ、昆布など、おめでたいことを意味する食べ物は避けましょう。もし、食べるとしたら、そういったおめでたい食べ物を入れずに、普段の食べ物として質素に食べましょう。気にするようであれば、おせち料理は食べないほうが良いでしょう。
お雑煮についても、お供えもののお餅は避けて、普段の食べ物として食べるのが良いでしょう。

・新年の挨拶
年始に人に会った際に『おめでとうございます』という挨拶は言わないようにしましょう。挨拶をする際には、『昨年はお世話になりました』や『今年もよろしくお願いいたします』といった「おめでとう」という言葉を避けて挨拶をしましょう。


・初詣
喪中の期間であっても、忌明けであれば、初詣をしてもかまわないといった考えがあります。しかし、神社やお寺によって考え方の違いがあることや、地域やご家族の考えによって考え方は変わってきます。
また、神道では死を穢れとする考え方があるため、忌中は神社への参拝は避けましょう。忌明けであっても、お正月の神社への参拝は控えたほうがいいでしょう。
仏教では死を穢れとする考え方が無いため、喪中でも、お寺への初詣には行っても大丈夫です。
厄払いについてですが、喪中期間であっても、どうしても厄払いをしたい場合には、お寺で厄除けをしましょう。時期を調整できるのであれば、神社での厄払いを依頼すると良いでしょう。

・お年玉
お年玉については、神様からの贈り物を意味しているため、喪中には避けたほうがいいとされています。ですが、近年では家族や親戚からのお小遣いの感覚なので、子どもたちが楽しみにしているから何かしてあげたい場合には、お年玉としてではなく、『お小遣い』や『書籍代』という名目で渡すのであれば良いでしょう。

〇喪中期間、お正月で行ったほうが良いこと

・お墓参り
喪中は故人様を悼むためにあるものなので、喪中であっても、お正月にお墓参りに行くことは差し支えありません。
ただし、特に気をつけなければならないのが、お供えするお花(仏花)です。お正月だと華やかなものが売っていますが、華やかなお花は避けましょう。普段どおりの目立たないお花(仏花)を選びましょう。
また、お墓のお掃除は年末に行い、綺麗にして年を越しましょう。

いかがでしたでしょうか。
今回は、喪中のお正月の過ごし方についてご説明させていただきました。
昔は、故人様の親等に合わせて、法律で喪中と忌中の期間が決められていたり、してはいけないこともはっきりと決められておりました。ですが、近年では考え方が柔軟になってきています。今回の記事を参考になさって、喪中のお正月期間をお過ごしくださいませ。

喪中のお正月の過ごし方について

代表取締役
荒井 貴大

代表取締役
荒井 貴大

お葬式の在り方や料金体系なども、時代にあわせて柔軟に対応させて頂きます。

PLAN / PRICE プランと費用

CONTACT 私たち
相談員が承ります

お急ぎの方へ

0120-290-016

お電話は、24時間365日承ります

0120-290-016 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち相談員が承ります

  • 相談員 さいとう

    さいとう
    お葬式コンシェルジュ

  • 相談員 ふじた

    ふじた
    終活カウンセラー初級
    お葬式コンシェルジュ

  • 相談員 こぐち

    こぐち
    終活カウンセラー初級
    仏事コーディネーター

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 葬式の費用を最小限に抑えたい
  • 身内だけでひっそりと葬儀をあげたい
  • 自宅で葬儀をしたい